トップ / 健康食品の栄養成分について

健康食品の栄養成分について

健康食品の検査機関

健康食品の栄養成分表示

今や、健康食品は、忙しい現代人でも手軽に普段不足しがちな栄養成分を摂取できることから、ますます需要が高まってきています。しかし、消費者側からすれば、メーカーが本当にパッケージに記載されている原料を使用しているのかはわかりません。そこで、判断基準となるのが、第3者検査機関による、食品栄養成分分析データの表示です。平成15年に健康増進法が施工され、消費者に正しい情報を提供するために「栄養表示基準」の表示が定められました。健康食品を販売する場合でも、「栄養表示基準」に基づいた表示が義務付けられ、消費者も安心して利用することができるようになったのです。

健康食品

成分を検査する機関の存在

私達の身近にある「健康食品」は、法律上の定義はありませんが、私達の健康の維持に役立つ食品全般を指す言葉です。また、国の機関である厚生労働省が、安全性や有効性に関する基準を満たしている場合に指定する「特定保健用食品」や「栄養機能食品」なども、私達にとって馴染みが深いものです。また、健康食品の成分について詳しく検査しているのも、実は厚生労働省です。厚生労働省では、食品衛生法に基づいて安全性に疑いのある食品については、暫定的に販売を禁止する措置を取っています。また、製品の品質確保や健康被害を未然に防ぐための体制も整備しています。

↑PAGE TOP