トップ / 健康食品の代表格とは

健康食品の代表格とは

健康食品の代表格

健康食品の代表格となるもの

人参は健康食品として古代の昔から親しまれています。基原植物となるのはオタネニンジンであり、セリ科の人参とは基本的に違います。サポニンを多く含む人参は、漢方薬の主原料として多用されています。紅参は健康食品として、中国や朝鮮半島では特に珍重されています。一般的には4年根が出回っていますが、中には極めて希少は6年根が出回る例もあります。日本国内では朝鮮人参と呼ばれることが多く、人参酒でもお馴染みです。天然の朝鮮人参は大変に高価ですが、栽培物であれば比較的に手頃な値段に入手できます。

健康食品

↑PAGE TOP